FC2ブログ
プロフィール

theseiji

  • Author:theseiji
  • こんにちは?。漫画家のTHESEIJIです?。カキコお気軽にどうぞ?。
    漫画家THESEIJIのHPはこちらですぅ~。
    THESEIJIのHP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

別子銅山 リベンジ登山。

前回、道を間違えてマチュピチュを拝めなかったので、リベンジだ(車だけど====)。
ここはマイントピア別子の第四通洞(トンネルです)。相変わらず中から霧が湧き出ている。
P6262573.jpg

梅雨真っ只中の別子は、曇り時々雨模様。
しかし少々の雨でへこたれるような俺ではない。
P6262591.jpg

と、思ったら!なに?通行止め!!!
先日の大雨で崖が崩れたんだそうで、完全通行止めになっていた…。
別子への道は2つある。
前にチャレンジした旧別子からの山道と、この東平(とうなる)地区へ到る自動車道だ。
山道から東平へ行くのは大変な工程なので、この自動車道を徒歩で上まで行く事に決定。
朝早く、工事のおっさん達が来る前にこっそり出発。
P6262592.jpg

ジェベルなら通れただろうと甘く見てたら、この惨状。
人一人通るのがやっとだ。で、途中猿10匹くらいの集団と遭遇したりして、5kmを登りきると…
P6272605.jpg

おお!ついにマチュピチュを拝む事が出来た。
雲がかかったりして理想的なシチュエーション。
P6272618.jpg

しかも通行止めなので、観光客どころか施設の人もいない。完全独占貸し切り状態。
ここで森山直太郎を聴くのが目的のひとつ、大いに堪能する事ができた。
P6272630.jpg

ちょっと奥に行くと第三通洞がましましている。さっきの第四通洞は4596m、こちらは1818mだ。
当時を再現したらしい扉の黄色がいまいちだが、よくも掘ったものだ。
P6272646.jpg

変電所。完全に打ち捨てられた感がある建物だが、形はよくとどめている。
P6272660.jpg

変電所内部。ほぼお化け屋敷状態。しかしさほど恐怖は感じない。
P6272659.jpg

大マンプ。これもトンネル(マンプとは坑道を意味する間符から転じたらしい)
小マンプ、大マンプを経て、さっきの第三通洞に到ります。

この後下山したら、さっきの崖崩れの現場におっさん達がいて、やっぱり叱られましたWWWW
P6272661.jpg

麓のマイントピア別子にある発電所跡。
隣に稼動中の電気施設があり、危ないのでさすがにここには入れない。
P6272699.jpg

で、次の日。
先日途中で引き返した旧別子からの山道に再びリベンジ。
完全に登山の備え。
P6282718.jpg

醸造所跡の煙突。さすがの銅山のおっさんもぶっ倒れた酒「鬼殺し」を作ってたところ。
この辺りはハイキングコースと言ってもいい楽な道。
しかしダイヤモンド水を過ぎる辺りから本格登山コースになる。
P6282722.jpg

天候も登るにつれ悪くなってきた。霧がかかり、メガネが曇り見通しが利かない。
P6282728.jpg

しかもよく考えたら、誰にも逢っていない。
梅雨で雨模様の平日木曜日に、こんなところには誰も来ない。
P6282729.jpg

苦心してたどり着いたのは、蘭塔婆(お墓)。
元禄7年(1694年)春に起きた山火事で亡くなった131名の御霊を供養するため、住友が建てたものらしい。
1899年8月28日の別子大水害でも、目出度町はじめ山内で513名、新居浜市側で54名とも数えられる死者を出してるし、
その他、銅山の歴史300年の間に一体何人の命が眠っている事か。
P6282738.jpg

黙々と歩く。次第に登山の様相を呈してくる。
P6282740.jpg

霧がかかって下界は全く見えない。銅山らしく岩が多い。すべてが湿っているので滑りやすい。
ここで滑って足でもやってしまったら、まず助けは来ないだろうな。
P6282742.jpg

大和間符。元禄時代の坑道発見。
P6282746.jpg

今回の目的のひとつに間符の中を撮影する事があった。
そのために800ルーメンくらいの懐中電灯を買っておいたのだ。
この大和間符、狭い事この上ない。ここを銅を求めて彫って行ったのだ。道具は鑿とトンカチだけ、灯りはサザエの殻に鯨の油を入れたもの。
まぁなんと言うか当時が偲ばれて絶句する。
P6282745.jpg

ついに銅山越えに到着。ここから下れば昨日のマチュピチュに到るのだ。
P6282753.jpg

ここまで来たら完全に登山である。標高1300m。
P6282754.jpg

上りとは別ルートを下る。下りはやっぱり楽だ。
P6282755.jpg

歓喜坑と歓東坑。「銅があったぞ~~~」と初めての発見に歓喜した当初のメイン坑道。
P6282760.jpg

雰囲気はあるのだが、穴は完全に閉じられている。
P6282763.jpg

ちょっと下ったところにある排気斜坑。
P6282766.jpg

内部を撮影したら、向こうからもこちらを見ていた。
光の具合だとは思うが、もしこれが銅山の誰かであったとしても不思議には思わない。
300年の間、多い時には1万人以上の人間が住み、ひたすら穴を彫っていたところだ。
1人だったせいか、「念」や「霊」や「精」の様なものをずっと感じて歩いていた。
写真の加工はしていない。
P6282765.jpg

ちょっと降りてくると、陽がさしはじめた。遺構がいたるところにあるが、どれもほぼ崩れかけている。
P6282771.jpg

第一通洞を見る。1021m。これの開通によって、さっき行った銅山越えをしないですんだのだ。
男40kg、女30kgの粗銅を抱えて銅山を越えるのは並みの苦労ではなかっただろう。
P6282782.jpg

立派なレンガつくりの暗渠。ここには行けなかった。
P6282790.jpg

巻き上げ機のロープを支えるガイドローラー跡。
レンガ積みの遺構は、すぐに隙間に植物が入って根を広げるので、あっという間に崩れてしまうようだ。
しかし別子の魅力はそこにある。
P6282795.jpg

東延斜坑。ずーっと斜めに走っているので落ちたらひとたまりもないという事で、厳重に蓋をされている。
標高1145mから標高747mの、八番坑道準(昨日見た第三通洞)まで、達している。
P6282797.jpg

鉱石の製錬工程で生ずる廃物である「からみ(緩)(鉱滓)」が固まって、岩肌のように見える場所。
P6282812.jpg

ようやく下山してきて、劇場跡に木漏れ日を見る。
P6282820.jpg

達成感と疲労感。麓の墓地で懇ろに御礼をする。
P6282830.jpg

今回は車で来て正解だった。バイクだったら登れなかっただろう。
P6282836.jpg

帰途。伊予三島手前での展望台。左が新浜、右が伊予三島。
また来たい!別子の山は魅力に溢れとる。
P6282910.jpg
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
トラックバック(0)   コメント(6)   2012.06.30    [ Myカテゴリ:バイク ]

コメント

あらまぁ、お天気悪そうだったのに決行したんですね(^_^;)
でも先週は予報よりは降らなかったみたいで
結果貸し切り状態で堪能できたみたいでなにより(笑)
2012.07.01 23:04 URLタガナー#- - 編集
疲れたけど、別子は魅力的でしたよ~。
1300mなので、登山初心者にも丁度よかった。堪能堪能WWWWW。
2012.07.02 15:24 URLTHE SEIJI#mQop/nM. - 編集
最近なかなかいい記事を書かれていますね。私もブログやってるので見習わないと。ここしばらく文章を書くのが億劫になっています。しかしおもしろそうですね、マチュピチュ~!
2012.07.05 19:20 URLおづ#IYvIGV4s - 編集
いやそんな事は無いですが、ありがとうございます。
ブログはやっぱり、定期的で更新頻度が高くないと、だめですね~。まぁ完全に自己満足なのでこれでいいですWWWWW。
NEWバイク買ったようですね!
2012.07.06 18:56 URLTHE SEIJI#mQop/nM. - 編集
ブログとか、そのへんは個人的なものですから基本的にはなんでもアリだと思いますw
頻繁に見てますが内容が面白いので今後にも超期待しています。
NEWバイクは一癖あるのでなかなかスリリングですよ(*´∀`*)
2012.07.07 04:43 URLおづ#IYvIGV4s - 編集
おづさま
ありがとうございます~。
頻繁に見てくれてるのに頻繁に更新できず申し訳ないです=(汗)。
NEWバイクは、形的には非常におじさん好みで俺も好きです、ワクワクいたしますね。
また乗ってきてくだされ====。
2012.07.09 16:27 URLTHE SEIJI#mQop/nM. - 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ