FC2ブログ
プロフィール

theseiji

  • Author:theseiji
  • こんにちは?。漫画家のTHESEIJIです?。カキコお気軽にどうぞ?。
    漫画家THESEIJIのHPはこちらですぅ~。
    THESEIJIのHP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

雨の十津川ツー(川じゃなくて道ですよ~)

f650gs1564.jpgと、いうわけで、高速休日1000円終了とは全く関係なく、雨予報の週末、十津川に向けて一泊ツーに出発。
f650gs1563.jpg

Fで行くかJで行くか…迷ったが雨だしやっぱりJで。
幸先いいぜ!小雨になってきた。
f650gs1435.jpg

これこれ、雨でしか見られない景色がある。御所付近。
f650gs1436.jpg

「雲は天才だ」と言ったのは誰だったか、芸術的な気分に浸る。
f650gs1437.jpg

と思ったら…「凍結注意-44℃」って何やねん!ぶっ壊れとるな。
f650gs1438.jpg

R168に入る。距離も短いし、楽勝か~♪
f650gs1439.jpg

グローブはコーナンのも決して悪くなかったが、操作性重視でゴールドウィンに変更。
f650gs1440.jpg

雨は時折しっかり降るが、ゴールドウィンの合羽とコーナンの長靴のおかげでなんとも無い。
f650gs1442.jpg

川の増水も懸念してたほどではないか?
f650gs1441.jpg

と思ったら、早速通行止め?
この「規制通行止め」というのは、観光バスなどは通行できないが、一般車両は各自の判断でというものらしい。事故した時に保険がおりないことがある由(旅館の主人からの情報)当然進む。
f650gs1443.jpg

すばらしい雨と山の織り成す造形美よ。
f650gs1444.jpg

入れる道があったら入りましょう。お、面白そうだ。
f650gs1445.jpg

コケが生えてて、ニュルンニュルンだ。両足付いてもニュルニュル。これはたまらない!できるだけJをまっすぐにしてUターン、なんとか生還。Fで来なくてよかったあああああ!
f650gs1446.jpg

しばしR168。まぁそれほど危険も無く、これならFでも走れたかな?
f650gs1447.jpg

トンネルの中はヒンヤリしている。
f650gs1448.jpg

よく言われる1.5車線道。Fでも晴れてたら何の問題も無い。
f650gs1449.jpg

十津川は濁ってる。
f650gs1450.jpg

お、「谷瀬の吊橋」が見えてきた。
f650gs1451.jpg

渡ってる渡ってる。俺もバイクを止めて(駐車料金100円)レッツトライだ。
f650gs1452.jpg

別に高さは怖くないんだが、この腐りかけた板が怖い。
f650gs1453.jpg

「何だ大した事ないなぁ」とまた思いはじめて、横道に。…ん?
f650gs1454.jpg

Fで来なくてよかったあああああ!
f650gs1456.jpg

この頃になると気温も上がってきて、シールドも何もかも曇る曇る。
しかしこのE-PL1、パンケーキレンズだからジャケットのポケットに入って大正解だった。
普通のレンズだったら、こんな雨の中カメラを取り出そうとは思わなかったろう。
f650gs1457.jpg

南下するにしたがい、増水があちこちで。
f650gs1458.jpg

「風屋ダム」
f650gs1460.jpg

ああ、まるでJが水墨画のようだ。
f650gs1461.jpg

霧か雲か、風景が刻々と変化するのは雨ならでは。カンカン照りより余程いい。
f650gs1462.jpg

この辺の人は水と共に生きている。
f650gs1463.jpg

道の駅「十津川郷」で昼飯。ご飯物が切れてて「力うどん」950円、高っ!しょぼっ!
f650gs1464.jpg

道の駅の前に、「歴史資料館」があるぞ。
f650gs1465.jpg

おお!山伏!かっこいい!この資料館、1Fは写真撮影OK。
f650gs1466.jpg

民具。いちいち手作り感が満載でしびれる。
f650gs1467.jpg

昔の人の暮らしがリアルに再現されている。
f650gs1468.jpg

今のいかれたネーちゃんを置いてみると、ものすごいギャップ。
あれ?親父はちょっと嬉しげか?まぁエロは時代と関係ないからな。
f650gs1434.jpg

翌日通ろうと計画してたR425は案の定、土砂崩れ通行止め。
f650gs1469.jpg

山がどんどん水を川に注ぎ込む。
f650gs1470.jpg

恐ろしい警告看板。
f650gs1472.jpg

あの辺は崩れてもおかしくないなぁ…。
f650gs1473.jpg

予定より早く着きそうだったので、ちょっとまた横道に逸れてみる。
f650gs1474.jpg

これもめずらしい景色ではない。Fでも避けたらいいだけだ。
f650gs1475.jpg

いい道じゃないか。
f650gs1476.jpg

Fで来なくてよかったあああああ!
f650gs1477.jpg

ずおおおおお~~~~怖い~~!
f650gs1478.jpg

道ですか?
f650gs1479.jpg

川ですか?
f650gs1480.jpg

笑うしかない。
f650gs1483.jpg

この道は迷い込んだ道で上の方は行き止まりだったが、何とそこには集落があった。
それより驚いたのはその集落にクロネコヤマトの集配所があり、普通にこの道を上って行くクロネコ軽トラがいたこと。
郵便カブとクロネコはどんなところでも走っている。
f650gs1481.jpg

この下りをFで走ると思ったら、ぞっとする。
f650gs1482.jpg

冒険にも疲れて降りて来た。十津川は煙っている。
f650gs1484.jpg

ふ~~、着いた着いた。
f650gs1489.jpg

宿は橋を渡ってもうちょっと行く。実は宿では携帯が入らなくて、嫁に連絡取るのにここまで舞い戻らねばならなかった。
f650gs1486.jpg

旅館『山水』さんのフロント。どうやら客は俺だけか?
f650gs1490.jpg

お!俺好みの鄙びた風呂。
f650gs1491.jpg

露天は開放的ですばらしい。
f650gs1492.jpg

川沿いのロケーション的にはとてもいい宿。
f650gs1494.jpg

夕ご飯。天ぷらが美味かった。
f650gs1493.jpg

ビール3本呑んだ。地ビールも美味。
f650gs1496.jpg

暇なのでホーネットの分解掃除でも。
f650gs1495.jpg


翌朝~~。お!雨が上がってる。『山水』さん外観。
f650gs1497.jpg

駐車スペースはバイクの為か、一箇所だけ舗装してあった。
f650gs1498.jpg

「野猿」ちょっと乗ってみたい気もしたが、おっさん一人でキャッキャするのは猿にも劣るという気がして遠慮。
f650gs1499.jpg

夜半もかなり降った模様。
f650gs1500.jpg

滝も水量3割り増しって感じ。
f650gs1501.jpg

しかし概ね快走。
f650gs1502.jpg

R168もこのあたりは相当高い。
f650gs1503.jpg

バイパス工事。
f650gs1504.jpg

新しいバイパス道路。できるだけ水の被害を回避しようという事か。
R168の土砂崩れは半端じゃないからな。
f650gs1505.jpg

熊野本宮に到着。
f650gs1506.jpg

長靴の欠点は歩きにくい事。ホトホト疲れる。
f650gs1507.jpg

台風の被害か、ちょっと修理中の本殿。
f650gs1488.jpg

R168はこの辺で終って…県道45を川湯方面に。
f650gs1508.jpg

誰かギャルが入っていないかと思ったが、誰も入っていない。
f650gs1509.jpg

ちょっと下に降りれそうな道があったので降りる。
f650gs1511.jpg

これもJならでは。川湯の水はグリーンっぽい。
f650gs1510.jpg

で、R169を北上~。看板ボロ過ぎやろ。
f650gs1512.jpg

おお、いい道だ。
f650gs1514.jpg

と思ったらすぐに狭くなる。
f650gs1513.jpg

熊野川町まで来る。
f650gs1515.jpg

北山川の清流が美しい。
f650gs1516.jpg

もう少し暖かかったら裸足で入ると気持ちよかろうな。
f650gs1517.jpg

トンネルに灯りが無いのは何とかならんか。
f650gs1518.jpg

北山川の支流か、ムチャクチャきれいだった。
夏なら飛び込むところだ。
f650gs1519.jpg

北山村はとにかく美しくて静かで気に入りました。
f650gs1520.jpg

池原ダム。
f650gs1523.jpg

ここで222キロ。走行距離はのんびりペース。
f650gs1524.jpg

ダムの上が悪名高い酷道R425になっている。
f650gs1526.jpg

まだまだ走れそうな余裕の顔。
f650gs1527.jpg

どんどん北へ。道は峻険になったりゆったりしたり。
f650gs1528.jpg

崩れた後が分る。
f650gs1530.jpg

路面が乾いてきてるので、ちょっとコーナーを攻めてみたり。
f650gs1531.jpg

M字はげ。崩れたのだろう。
f650gs1532.jpg

相当高い。この先は急傾斜、落ちたら戻れない。
f650gs1533.jpg


ここもごっそり崩れたっぽいなぁ。
f650gs1535.jpg

R311に入る。結構険しい。
こんな道を走ってると、ガードレールは贅沢品だと分る。
f650gs1536.jpg

川迫川の水も澄んでる。
f650gs1537.jpg

ツーリングってのは、ある意味トイレを求めてさ迷うということだな。
ちゃんと公衆便所があるのが嬉しい。
f650gs1538.jpg

また雨が激しくなってきた。
f650gs1539.jpg

しかしまじで全く気にならない。下手に晴れられると蒸すので雨のほうがいいくらいだ。
f650gs1540.jpg

こういうカーブのところには…
f650gs1542.jpg

必ずきれいな滝がある。
f650gs1541.jpg

訳のわからないくぼみ。磨崖仏かと思ったら、中にはプレハブが建っていた。
f650gs1543.jpg

県道21に入る。21は恐れていたわりには、いい道でほっとする。
f650gs1544.jpg

洞川温泉に到着。
f650gs1545.jpg

「龍泉寺」いい寺だ。
寺の良し悪しは、古めかしさと敷地全体の構造が立体的かどうかで決まる。
f650gs1548.jpg

誰か分らない。役の行者か?
f650gs1546.jpg

めずらしい版木があったので、思わず隠し撮り。
f650gs1547.jpg

洞川温泉も鄙びてて好きな温泉だ。
f650gs1549.jpg

さてここからなのだが…。
皆さんこの道は、車及び大型バイクでは避けたほうが無難です。
f650gs1562.jpg

導入は何となく行けそうなのですが…
f650gs1550.jpg

恐怖の、狭く壁荒削りの灯り無しトンネルがあります。
f650gs1551.jpg

体感はこんな感じ。
f650gs1534.jpg

そこを出るとようやく軽トラ一台が通れる道。
f650gs1552.jpg

お願いされても…。
f650gs1553.jpg

Fで来なくてよかったあああああ!
f650gs1554.jpg

いやはっきり言って、写真を撮る為に停まるのもカンベンして欲しかった。
恐怖の道です。
f650gs1555.jpg

ここは軽でも離合できません。はっきりと入り口にそう書いておくべきです。
f650gs1556.jpg

と思いつつようやく抜けると、軽が一台入っていきました。
大丈夫だったのだろうか、あんな道で対向車が来たらどっちが戻るのか…。
f650gs1557.jpg

道の駅「吉の路黒滝」にてドライピラフ。これめちゃめちゃ美味かった。
f650gs1558.jpg

で、それからは安全な道を帰る。
結局一番雨がひどかったのは、地元柏原でした。
f650gs1559.jpg

廃墟ドライブインで雨宿り。止みそうに無いのでそのまま帰途に。
f650gs1560.jpg

お疲れ様でしたJ200。
いや~ものすごく面白かったのだが、雨の奈良和歌山の山々は、侮れません。水の威力はすさまじい。
雨の日は
1:視界の確保
2:操作性
だと痛感しました。
f650gs1529.jpg
トラックバック(0)   コメント(0)   2011.06.13    [ Myカテゴリ:バイク ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ