FC2ブログ
プロフィール

theseiji

  • Author:theseiji
  • こんにちは?。漫画家のTHESEIJIです?。カキコお気軽にどうぞ?。
    漫画家THESEIJIのHPはこちらですぅ~。
    THESEIJIのHP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

『陰翳礼讃』

東京の人に聞くと、節電がかなり行き渡っていて、街が暗いらしい。大阪は全然そんな事はないのだが、ちょっと羨ましかったりする。多分、みんな感じてる事だと思うが、実際「日本は明るすぎる」
どこもかしこも煌々と電気がついていて、何もかもくっきりはっきり見え過ぎる。
確かに昔の暗い裸電球の下では、針に糸を通すだけでも至難の業だったろうけど、なにもここまで明るくしなくてもいいんじゃないか?

てな事を昭和8年に書いた人が谷崎さん。
しかしさすがの谷崎さんも、今のLEDバリバリの明るさには、もはや言葉もないであろう。

f650gs1261.jpg

あまりに明るい事の最大の欠点は、女の人の肌があらわになりすぎて、ぶつぶつまで見える事だ。
日常すなわちスーパーハイビジョンなのだ。
「われわれの先祖は、明るい大地の上下四方を仕切ってまず陰翳の世界を作り、その闇の奥に女人を籠らせて、それをこの世で一番色の白い人間と思い込んでいたのであろう。」
この谷崎の書く効果が消え失せた。

結果、女の人は自分の肌があまりにもお粗末だという現実を、街のあちこちの明るいLED電気の下で否応なく突きつけられ、「美肌商品」に殺到する事になる。しかし当たり前の事だが、肌は年齢とともに衰える現実はどうしようもない。結果、やたら塗りたくったりサプリに走ったりして、一番大事な「雰囲気作り」という演出がすっかり追いやられてしまった。

f650gs1263.jpg

思うに、人生は演劇である。
いい舞台に、的確な照明効果でその時いい気持ちになれたら、それはそれですばらしい思い出になろうというものだ。いい照明効果は想像力を刺激して「夢の様な世界」を演出する事ができるのだ。

現在の照明は「舞台がはねた後のしらけた舞台裏」をずっと見せられているようなもので、もっと言えば、明るければ明るいほど手術台に近くなる。あんなものをあからさまに見せられては、解剖学演習となんら変わりない。
見てる方も見られている方も夢の世界とは程遠く、あまりの現実に絶句して呆けてしまい、草食系にならざるを得ないというわけだ。

f650gs1264.jpg

「現実をはっきりあからさまに見せる」これが必要なのは原発事故くらいだ。
他の事、特に女人に関しては、照明を落として、いい夢を見たいものだ。
今回の事をきっかけに、日本の照明を30%程落としてみたらどうだろうなぁ。

f650gs1262.jpg
トラックバック(0)   コメント(0)   2011.04.01    [ Myカテゴリ:バイク ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ