FC2ブログ
プロフィール

theseiji

  • Author:theseiji
  • こんにちは?。漫画家のTHESEIJIです?。カキコお気軽にどうぞ?。
    漫画家THESEIJIのHPはこちらですぅ~。
    THESEIJIのHP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

大阪モーターサイクルショー 2010

大阪モーターサイクルショー 2010
行ってまいりました。駐輪場は魅力的なバイクで一杯だ。

f650gs266.jpg

駐輪場横のカスタムバイクコーナー。
f650gs283.jpg

出ました。BMWS1000RR
なんかコンパクトなバイクやのう?。カテゴリー的に興味ないけど確かに存在感はあった。
f650gs284.jpg

国産メーカーより頑張ってた感のあるBMWブース。
f650gs282.jpg

あった!D虎125。ちっちゃ??っ。でも乗ってみたい???。
タイの政情不安があるので生産大丈夫なのかな?
f650gs281.jpg

これから125CCというのはいいのではないかいなとふと思う一台。
f650gs280.jpg

しかし今回の秀逸は、これだ!HONDACB1100。久々にHONDAの本気。おっさんにはたまらないフォルム。
f650gs279.jpg

に、比較して…もはやどちらが前か後ろか分らないSUZUKIの隼君。
f650gs278.jpg

やはりOFFが好きなTHE SEIJI的には、セローを見ると安心する。
f650gs277.jpg

ハーレーは興味がないので素通り。
f650gs276.jpg

カスタムさんも素通り。

どうもあんまり面白くなかった。まずもって車種が少なすぎる。
f650gs275.jpg
トラックバック(0)   コメント(2)   2010.03.25    [ ジャンル:車・バイク / テーマ:BMW / Myカテゴリ:バイク ]

コメント

多忙をかいくぐってのレポおつかれさまです。
先の「なんで最近の子は~」とも関連することですが。
バイクは若いうちに乗り始めないとその魅力を理解するには至らない部分のある乗り物だと思うのですが、今の若者の胸をときめかせるような車種とするとどれ? と考えるとちょっと悩んでしまいます。車種の数は間口の広さでもあるはずですし。

そんな時世でも原付二種のラインナップが目立ってきているようなのは、経済的に維持しやすいという利点が見直されているからでしょうか。排気量問わず、カタログ見ながら熱いため息の出るような車種を願いたいものです。

しかしどの写真もサッパリ綺麗でわかりやすくて臨場感たっぷり。プレス写真のようで流石でございます。ありがとうございます。
そこで私が一番ワクワクしてしまったのは駐輪場風景の写真だったりするのですが。
2010.03.25 22:42 URLでーてー#mQop/nM. - 編集
こんにちは~でーてーさん。
瞬間移動で行ってまいりましたが、帰りに通行禁止違反でつかまりましたWWW(詳細後日)

なんかバイクよりキャンギャル撮影がメインの人が多かった感じで、イベント自体馴染めませんでしたね。(そのキャンギャルも目が肥えてる私としましてはわざわざ撮るほどでもない普通の子ばっかりでWWWW)

カメラがしょぼいので、実はフォトショップで色調とか修正してます。立ち上がりが早くて、シャッターチャンスを逃さないのと、コンパクトなのがNIKON COOLPIXs510の数少ない長所です。(やっぱりデジタル一眼はまだでかすぎるしな~)

まぁなんと言うか国産メーカー、このご時世新奇な車種も作れないし、過去の遺産を適当にアレンジして…みたいな姿勢が見え隠れ。「今後進むべきガゾリンバイクの方向性が全く分りません」と自ら言ってる様な感じでした。

さてバイクの師匠S君が言うように、今後はバイクもディーゼルエンジンにシフトするのか、電気になるのか水素になるのか…???
こんな状況では、電動アシスト自転車でみんな満足してしまうのではないかと危惧しておりますよ~。

2010.03.26 08:22 URLTHE SEIJI#mQop/nM. - 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ